国営備北丘陵公園

​案件種別:

サウンディング全般

​施設種別:

公園・住宅・基盤施設

​自治体名:

国土交通省中国地方整備局三次河川国道事務所

​募集期間:

2022年8月8日

2022年9月29日

​詳細URL:

​■応募に際しての留意点

(1)新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力(対面での対話参加の方)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、次の点にご協力をお願いします。
・現地説明会は1グループにつき2名まで、対話参加者は1グループにつき3名までと
し、当日はマスク着用を必須とします。(Web対話の参加人数の制限はありません)
・対話当日朝に検温を実施し、発熱がある場合は参加をお控えください。
・新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAのご利用をお願いします。
(2)現地見学会、対話参加の取扱い
今回の見学会および対話は、本公園における民間活力導入の可能性について、三次河川
国道事務所が調査するもので、見学会および対話への参加が今後、本公園の民間活力導入
に関して事業者を公募する際の評価の対象にはなりません。
(3)現地見学会、対話参加に係る経費
現地見学会および対話参加に要する費用(現地までの交通費等)は、参加者の負担とし
ます。
(4)対話実施の担当者
対話は、「令和4年度備北丘陵公園民間活力導入検討業務」を委託している日本工営都
市空間株式会社の担当者が実施します。なお、場合により三次河川国道事務所の担当者が
同席する場合もあります。
(5)追加対話へのご協力(依頼)
より具体的なエリア・事業提案をしていただいた場合には今後、三次河川国道事務所担
当者同席の追加対話や、メール質疑を行うことがありますので、ご協力をお願いします。
(6)参加除外要件
以下に該当する事業者は、対話の参加者として認めないこととします。
・会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続開始の申立がなされてい
る者又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続開始の申立がな
されている者
・警察当局から、暴力団員が実質的に経営を支配する者又はこれに準ずるものとして、
国土交通省公共事業等からの排除要請があり、当該状態が継続している者
(7)実施結果の公表
対話の実施概要は「国土交通省 中国地方整備局 三次河川国道事務所 国営備北丘陵公園」
ホームページに公表する予定です。
(8)その他
対話への参加者数や参加者の業種・業態等に応じて、今回の対話に参加された事業者以
外にも、日本工営都市空間株式会社から個別に対話を依頼することがあります。

​■自治体担当者からのアピールコメント

本公園を所管する中国地方整備局三次河川国道事務所(以下、三次河川国道事務所)では、
上記の基本理念のもと、本公園がより多くの方に利用され、満足いただける公園であり続け
られるよう、昨年度より、民間事業者の知見やノウハウを積極的に活用した官民連携による
魅力向上方策を検討してきました。
今回、民間事業者の皆様との対話を通して、本公園の魅力向上のための民間活力導入アイ
デア(エリア・事業内容)や事業手法・事業条件等を把握するため、サウンディング型市場
調査を実施します。
頂いたご提案等を踏まえ、今後、官民連携による本公園の魅力向上に係る事業の実現を目
指していくため、積極的にご参加いただきますようお願いします。